研究者の方 代表者のごあいさつ 不育症研究について 研究報告 不育症管理に関する提言 不育症でお悩みの方 不育症とは 不育症のリスク因子(検査異常) 流産回数との関係 治療成績 研究班からの提言 不育症Q&A 研究者リンク
平成20年度 総括・分担研究報告書

I.総括研究報告

「不育症治療に関する再評価と新たなる治療法の開発に関する研究」

齋藤 滋
資料 不育症啓発ポスター

II.分担研究報告

  1. 「本邦における不育症のリスク因子とその予後に関する研究」

齋藤 滋、杉 俊隆、丸山 哲夫、田中、忠夫、
竹下 俊行、山田 秀人、小澤 伸晃、木村 正、
藤井 知行、山本 樹生、藤井 俊策、中塚 幹也

  1. 「不育症における子宮奇形のimpact」

杉浦 真弓、尾崎 康彦、北折 珠央、鈴木 貞夫

  1. 「子宮奇形を持つ反復流産患者の妊娠帰結調査
    手術・非手術の比較多施設共同研究」

齋藤 滋、杉浦 真弓、竹下 俊行、杉 俊隆、
丸山 哲夫、小澤 伸晃、中塚 幹也、藤井 俊策、
平原 史樹、西田 正人、林 保良

  1. 「反復流産患者における認知行動療法の有用性調査」

古川 壽亮、中野 有美、杉浦 真弓、尾崎 康彦、
北折 珠央、熊谷 恭子

  1. 「反復流産患者における葉酸療法の有効性調査」

杉浦 真弓、尾崎 康彦、北折 珠央、熊谷 恭子

  1. 「本邦における不育症患者の頻度調査」

杉浦 真弓、鈴木 貞夫、尾崎 康彦、北折 珠央

  1. 「未婚女性の妊娠に関する意識調査」

杉浦 真弓、尾崎 康彦、北折 珠央

  1. 「不育症におけるストレスと
    メンタルヘルスについての基礎研究と臨床研究」

丸山 哲夫

  1. 「不育症女性に対する精神的支援に関する研究
    ― 流・死産後の環境と不育症女性の心理 ―」

中塚 幹也

  1. 「日本における不育症のリスク因子の検索と
    各種治療法の有効性についての前方視的研究」

下屋 浩一郎、勝山 博信、戸田 雅裕、森本 兼曩

  1. 「不育症における抗PE抗体と第XII因子活性の病原性に関する研究」

杉  俊隆

  1. 「習慣流産に対する夫リンパ球免疫療法
    -わが国における実態調査と今後の展望に関する研究-」

竹下 俊行

  1. 「習慣流産に対する免疫療法ならびに抗凝固療法症例の臨床的検討」

田中 忠夫、川口 里恵、梅原 永能、土橋 麻美子、
高橋 絵理、齋藤 幸代、和田 誠司、杉浦 健太郎、
大浦 訓章

  1. 「本邦における不育症のリスク因子と各病態の治療成績に関する調査」

小澤 伸晃

  1. 「抗リン脂質抗体と流死産、産科異常との前方視的関連解析」

山田 秀人、島田 茂樹、山田 崇弘、吉田 伊都子

  1. 「不育症に係わる遺伝要因、環境要因及びそれらの交互作用」

佐田 文宏、山田 秀人

  1. 「不育症と着床不全に関する研究」

木村 正、筒井 建紀

  1. 「生殖補助医療における化学的流産の背景に関する研究」

藤井 俊策

  1. 「抗リン脂質抗体による不育症発症メカニズムに関する研究」

藤井 知行

  1. 「Granulysinと流産に関する研究」

齋藤 滋、中島 彰俊

  1. 「抗β2-glycoproteinI(GPI)抗体の絨毛癌細胞株よりの
    Placenta growth factor (PlGF), vascular endothelial
    growth factor(VEGF)およびsoluble vascular endothelial growth
    factor receptor-1 (sVEGFR1)産生への影響に関する研究」

山本 樹生

  1. 「妊娠中のプロテインS活性と不育症との関係に関する研究」

康 東天

  1. 「日本人の不育症におけるプロテインZと
    プロテインZ依存性プロテインインヒビターの解析」

一瀬 白帝

  1. 「姉妹染色体の異数性に関する研究」

柳原 格

  1. 「流産のDNAメチル化解析」

秦 健一郎

  1. 「感染症による不育症に関する研究」

早川 智

 

III.研究成果の刊行に関する一覧表

研究報告トップへ21年度報告書へ