研究者の方 代表者のごあいさつ 不育症研究について 研究報告 不育症管理に関する提言 不育症でお悩みの方 不育症とは 不育症のリスク因子(検査異常) 流産回数との関係 治療成績 研究班からの提言 不育症Q&A 研究者リンク
8割以上が無事出産

妊娠した女性の4割が流産の経験があり、流産を繰り返す不育症も16人に1人の割合でいることが、厚生労働省研究班による初の実態調査でわかっています。愛知県内で健康診断を受けた一般女性(35~70歳)503人から回答を得た調査です。

このうち、妊娠経験のある458人中、流産した経験がある人は190人(41%)いました。2回以上流産し不育症とみられるのは28人(6%)、3回以上の習慣流産も7人(2%)いました。

また、不育症女性の4割は強い心のストレスを抱えていたことも判明しました。

一方、専門外来で検査、治療した人のうち8割以上が無事、出産できています。研究班では夫婦だけで悩まずに専門医を受診するよう呼びかけています。

研究班には、富山大、名古屋市大、慶應大、東京慈恵医科大、日本医科大、神戸大、成育医療センター、岡山大、大阪大、東大、川崎医科大、日大、弘前大、保健医療科学院、九州大、山形大、大阪府立母子保健センター、杉ウイメンズクリニック、新潟大が参加して不育症のリスク因子を調査しました。

不育症のリスク因子別頻度

リスク因子は様々で、夫婦の両者か一方に染色体異常がある場合のほか、子宮の形の異常、免疫異常で胎盤などに血栓ができやすい抗リン脂質抗体症候群などが考えられました。これらの場合、いろいろな治療を行ない流産を減らせることが可能です。原因不明が65.3%と多いのに驚かれたことと思います。

このような方には、何も治療法がないと落胆する必要はありません。一般に流産は妊娠の約15%に起こり、流産の約80%は赤ちゃんの染色体異常を合併しており、自然淘汰ととらえることができます。そのため3回の流産をした方で、たまたま赤ちゃんの染色体異常をくり返している方は確率的に50%存在します。これらの方は流産となる要因が何もなく特別な治療をしなくても次回の妊娠では約8割の方が流産せずに赤ちゃんを出産されます。勇気を持って次回の妊娠に臨みましょう。